日本人より欧米人にワキガが多いとされる理由について・・・

ワキガは日本より外人に多いと言われていますが、日本ではワキガ体質の人は10人に1人と言われていますが、外人は、10人に8~9人と言われていて、ほとんどの人がワキガって結果に繋がりますよね。

実際に日本ではワキガの人が少ないけど、ワキガの臭いは嫌われていますが、外人の人は、ワキガという人が多いので臭いを気にすることなく、その臭いが一般的となっているのです。

外国では日本と体臭に関しての問題が大きく違っているので、ワキガの人の肩身の狭い思いや悩みを知ることが出来ません。欧米は、中国や韓国などの国で、ワキガの割合は、日本よりも少ない3%~5%程度と言われています。

また、男性と女性のワキガの割合ですが、女性の方が多いと言われています。それは皮下脂肪や女性ホルモンが関係していて、汗の量が多くなったり、臭いがきつくなることに繋がっているのです。

ワキガの悩みを解消することは出来ますが、手術などが必要になり、前に踏む出すことが出来ないと考えている人もいます。しかし、臭いが気になる人は深刻な悩みを抱えていて、自分なりのケアはしっかり行っている結果です。

今回私が実感したのは、食べ物の影響もあるのかもということを学ぶことが出来ました。欧米の方って脂っぽい食事を取っているイメージがあるので、それがワキガに繋がっているのではないでしょうか。実際に、汗で油分が出ているって感じですよね。でも、臭いを気にすることなく過ごせるっていうことで、ワキガだから悩んでいるということもなく、ほとんどの人が同じ臭いなので、気にならないのは羨ましいと感じる点でもあります。

実際に韓国などの方は少ないと言われていますが、私の住んでいる場所でも結構多くの韓国の方が来るのですが、キムチ臭いというイメージがあります。イメージではなく、キムチ臭いです。なので、食べ物により、汗の臭いや体の臭いって違ってくるのではないでしょうか。

日本ではワキガの人は手術を考えていますが、食事の見直しをして体質を変えることより、改善されるのではないかと感じました。→わきがクリーム

 

This entry was posted in 未分類. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です