これからの季節気になるワキガ臭|発生メカニズムと防止策

これからの季節は汗をかくので、ワキガ臭などが気になっている人も多いと思います。夏もしない状態でも汗をかきます。それを解消するためには、何よりも清潔な状態を保つ事が第一条件となっています。

ワキガ臭や体臭は細菌が作り出しているのです。実際に汗の臭いは無臭ですが、細菌が混ざり合うことにより臭いを伴ってしまうのです。汗は無臭ですが、汗を栄養として繁殖するのが細菌で、細菌は老廃物などとしてニオイ物質を出すこで体臭が発生する仕組みになっています。

実際に、人は裸の場合には、体臭がすることは少ないと言われているのですが、日常で気になる体臭は、衣類が原因となっているのでしょうか。そうです。実際に汗は衣類が吸収するようになってるので、そこに臭いの物質が蓄積されてワキガの臭いとなってしまいます。

それを知るためには、自分がお風呂で脱いだ洋服の臭いを嗅ぐことにより、自分の臭いを知ることが出来ます。臭いのは体ではなく、衣類ということも知ることが出来ます。

実際に汗をかくと着替えをしたいと感じますが、仕事をしている時に着替えをすることができませんよね。しかし、最近ではスプレーするだけで臭いを抑えることができる商品も販売されているので使用してみるようにしましょう。

実際に使い方も簡単で、洋服を着る前にスプレーするだけなのでカンタンに試すことが出来ます。ワキガの臭いを対策する商品はたくさん販売されていますが、自分にあった商品を購入するようにしましょう。

ネットでは、様々な情報が記載されていますが、良いことも悪い面も全てを確認することにより、自分にあった商品を選ぶことができると思います。実際に、私はワキガの臭いってわかりませんでしたが、出かけている時に、何か変な臭いと感じたのがワキガの臭いと後で知りました。

ワキガの人は香水などを付けている人がいますが、香水と臭いにおいが混じり合うことにより、逆に抵抗を感じてしまうので、香水などを利用するのではなく、対策出来る商品を愛用することがお勧めできます。

 

Posted in 未分類 | Leave a comment

日本人より欧米人にワキガが多いとされる理由について・・・

ワキガは日本より外人に多いと言われていますが、日本ではワキガ体質の人は10人に1人と言われていますが、外人は、10人に8~9人と言われていて、ほとんどの人がワキガって結果に繋がりますよね。

実際に日本ではワキガの人が少ないけど、ワキガの臭いは嫌われていますが、外人の人は、ワキガという人が多いので臭いを気にすることなく、その臭いが一般的となっているのです。

外国では日本と体臭に関しての問題が大きく違っているので、ワキガの人の肩身の狭い思いや悩みを知ることが出来ません。欧米は、中国や韓国などの国で、ワキガの割合は、日本よりも少ない3%~5%程度と言われています。

また、男性と女性のワキガの割合ですが、女性の方が多いと言われています。それは皮下脂肪や女性ホルモンが関係していて、汗の量が多くなったり、臭いがきつくなることに繋がっているのです。

ワキガの悩みを解消することは出来ますが、手術などが必要になり、前に踏む出すことが出来ないと考えている人もいます。しかし、臭いが気になる人は深刻な悩みを抱えていて、自分なりのケアはしっかり行っている結果です。

今回私が実感したのは、食べ物の影響もあるのかもということを学ぶことが出来ました。欧米の方って脂っぽい食事を取っているイメージがあるので、それがワキガに繋がっているのではないでしょうか。実際に、汗で油分が出ているって感じですよね。でも、臭いを気にすることなく過ごせるっていうことで、ワキガだから悩んでいるということもなく、ほとんどの人が同じ臭いなので、気にならないのは羨ましいと感じる点でもあります。

実際に韓国などの方は少ないと言われていますが、私の住んでいる場所でも結構多くの韓国の方が来るのですが、キムチ臭いというイメージがあります。イメージではなく、キムチ臭いです。なので、食べ物により、汗の臭いや体の臭いって違ってくるのではないでしょうか。

日本ではワキガの人は手術を考えていますが、食事の見直しをして体質を変えることより、改善されるのではないかと感じました。→わきがクリーム

 

Posted in 未分類 | Leave a comment